恐怖のリバウンドとは

リバウンドと聞いてダイエットした方は、わかる人も多いと思いますがダイエットして体重が落ちてからまたダイエット前の体重や前の体重以上に戻ってしまうことを言います。

 

停滞期で、辞めてしまうと少しのカロリーでも大丈夫な体になっているので、ダイエット前の食事に戻すと省エネ体質になっているので、カロリーオーバーとなりどんどん体重が増えてしまいます。

 

しかも恐ろしいことに脂肪をため込む働きにより元の体重に戻った姿は、ダイエット前よりもおなかに脂肪がたまったようなスタイルの悪い体系になります。

 

必要な栄養を取らないダイエットでは、減らしたい脂肪ではなく最初に水分や筋肉から養うので、一時的に痩せても最終的には戻ってしまうのが単品ダイエットの現実です。

 

この栄養や体重が一気に落ちると脳が飢餓だと判断して少しのカロリーで大丈夫な人の機能は、本当に飢餓の場合とてもすごい頼りになる機能なのですが、ダイエットする人にはとても余計なお世話機能となります。

 

単品ダイエットのようなダイエットが毎年でてきていつの間にか消えている原因がこういうことなのです。

 

必要な栄養は、ダイエット中でもとらなくてはいけないということがわかります。

このブログ記事について

このページは、teruが2012年10月16日 12:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今までのダイエットとは」です。

次のブログ記事は「運動ダイエットのリバウンドとは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja